無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

中島くんのお弁当
あなた
中島くんのお弁当は?
あなた
お母さん?
中島
うん、ママ
あなた
マ、、、ママ?
中島
うん、ママって感じの人なんだよ
中島
今度、うちおいで
あなた
うん、、、







え?










うちおいで、、、、って、、、、







あたしに言ったの???







あなた
え、、?
中島
あ。ごめん、、、無理にじゃないから。
あなた
行く♡







玉子焼き。甘くてよかったーーー!!







時々、塩っぱいときもあるのよねーーー








もう、、死ぬまで甘い玉子焼きしか作らないっ








中島
お礼にこれあげる






と言って、、、







中島くんが食べてる箸で、





ちくわにきゅうりがささってるのを、





くれたの!!!








家宝にします!!!!








(//∇//)









真っ赤になってんの、わかってるから、見ないで。








中島
ママの手垢、びっしりのやつね。





と言って、にやり💫








やだ、、、なにがついててもいいわよ、、、








その箸でつまんでくれたのよ!!!









わぁ!!!!!!







味がどうかなんて、さっぱりわかんないよ!!!





あなた
美味しかったよ
中島
ママに言っておくね。そーすると、10日くらい続くよ( ̄▽ ̄)