無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第110話

中華街にいる中島くん
中島
あなた?
あなた
んー?





中島くんちで、夏休みの課題をしてた。









中島
明日、横浜行かない?
あなた
明日?急だね
中島
そお?
中島
じゃあ、明後日?
あなた
明日♡







なんで横浜なんだろうね、、、










久しぶりに2人でお出かけなのに、、、




デニムにTシャツで行った。






中島
かわいい♡



私を見つけるとすぐ、囁いた





あなた
んふふ♡
中島
こーで、いいよ
あなた
んー?
中島
オレ、わかってきたかも。
あなた
何が?
中島
でもさ、ダメだよ
中島
オレだけをみててね
あなた
んふふ、、、うん
中島
とりあえずさ、恋人になってよ
あなた
いいよ
中島
えっ?
あなた
はっ?




中華街から山下公園に向かう、横断歩道の出来事だった。









あなた
どんなつもりで喋ってんの?
中島
ごめん。まだって言われるかなって。
あなた
じゃーまだ。
中島
勘弁して!!