無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第70話

中島くんのクラスの子
なんでかな?


こっち見てくれなかった。











桜井さん
ねぇ
あなた
はい?
桜井さん
ちょっと、いい?






廊下に連れて行かれる、、、







えっと、この子、中島くんのクラスの子








結構、中島くんと仲良しっぽいんだよね










桜井さん
中島くんと付き合ってるの?
あなた
まさかっ!!そんな訳ないじゃないですかっっ
桜井さん
じゃあ、朝一緒に来て、帰りも一緒に帰って行くのはどう説明する?
あなた
えっと、、、家が学校の通り道で。中学も一緒だったからかな。






桜井さんは、わたしの制服の胸のポケットに刺さってたミッキーのシャープペンシルをぱっと取り上げた、、、






桜井さん
これ、中島くんも待ってるよね?
桜井さん
貰ったの?渡したの?
あなた
返して





バキっっ、、、、






折られてしまった。







桜井さん
今日から1人で帰ってくれる?












なんでこんなことになったのか、、、






ミッキーが、、、、





もう、戻せない









中島くん、ごめんなさい、、、











合わす顔がないよ、、、








あなた
わかりました








そう、言うのが精一杯だった。