無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第111話

少しずつだよ、中島くん!!
中島
ありがとう
中島
マジで。
中島
泣きそう
中島
だって。
中島
今日、誕生日でしょ?あなた。
あなた
うん♡知ってたの?
中島
なんかさ、誕生日くらいは、2人でお祝いしたかったの
あなた
うん、ありがとう





少しずつ、いろんな中島くんを、知って来た。



まっすぐ突き進む強い彼も、




ふとしたことで不安になる彼も、




どうにもならない感情に押し潰されそうな彼も、




笑って、走り回って、大騒ぎして、




焼いて、食べて、




笑って、笑って、、、、






あなた
気がついてないかもだけどさ。
中島
ん?
あなた
最近ね、シャープペン、壊されなくなってきた
中島
そーなの?よかった♡
あなた
中島くん、しぶといからじゃない?
中島
しぶとい?
あなた
うん、私のことばっかり気にしてるもん♡
中島
んふ、仕方ないよ
あなた
嬉しい😆
中島
ん、、、嬉しい😆





恥ずかしいそうにする彼が、たまんない!!











中島
え?オレ、死にそうなんですけど??





そっと、手を繋いでみたら、そうなった。






あなた
今日くらいは、、ね。
中島
うん、今日だけはさ、オレの事、大好きでいてよ
あなた
いつも大好きだけど?
中島
全開で。
あなた
全開だよ
中島
イチャイチャしてよ!!
あなた
がんばる





キスもエッチも、まだまだ、ずっと先。




お誕生日プレゼントに、バッグを、買ってもらった。




また、遊びに誘ってね。















あなた
中島くん、毎日少しずつ、好きになってるよ
中島
うん
あなた
この先も、一緒に居ようね
中島
うん、、、😭
あなた
ふふふ、、、かわいいし、かっこいい