無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

中島くんと歩く
あの、、、




もう一度、いいかな?





録音してもいいかな?






送るよ、、、っだってよ。








死ぬ。








しかもさ、、、、2人。









まじか。





右手と右足、一緒に出ちゃいそう、、、、









お邪魔しましたー♡




また来てねー♡





マリママ、かわいい❤️





外に出たら、すこーし、雨。






菊池
雨降ってんな
友美
やだぁ、、、じゃあね、あなた!!
あなた
うーん、じゃあね
菊池
ふふん、じゃあな、健人!!
中島
おう、ふーま、ありがとうね





あ。お重抱えてるから、手足は無事。





ふふふ、助かった。









あなた
中島くんちって、どこなの?
中島
え?誰って?
あなた
あ。(//∇//)・・・けんとくん♡
中島
あっち。あのマンション
あなた
逆方向じゃん、ここでいいよ
中島
ダメ。
あなた
帰れるよ!!
中島
じゃあさ、これ、被って。



するりと上着を脱いで、あたしの頭に被せた。






あなた
ちょっと!!(//∇//)
中島
せっかく、髪巻いてきてくれたのに、濡れちゃうから。
あなた
そんなこと、どーでもいいから!!けんとくん、風邪ひいちゃう
中島
はい、これちょうだい




そう言って、お重の袋をガバッと持って行ってしまう。





あなた
えぇ、、、??






ついていけない、、、紳士。






カッコよすぎて、、、しんどい