無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

スマホの中の中島くん
あなた
さっき、かしゃっって、、、
中島
ん?
あなた
撮った?
中島
い、い、いや。。。





なに?






あなた
見せて
中島
見たいの?
あなた
うん
中島
消さない?
あなた
なんで消すの?
中島
いいよ、見るだけね






背の高い中島くんのスマホを覗いた





え?何枚撮った?








中島
かわいいよね、泣いてんだよ













中島くん、、、むずい














あなた
送ってよ
中島
どれ?
あなた
全部
中島
なんで?
あなた
中島くんが撮ってくれた私。
中島
変なの!!






そんな、初撮られた写真なんて、、、







中島
そしたらさ、、、






ん?と振り返ったら、、、







かしゃっ







中島
オレは盛れた
あなた
え?あたしはー??
中島
どーかなー⁉️
中島
ふふふ、まぁ、合格じゃない?







まぁ、、って。




中島
オレ、あなたのスマホ知らないけど?
あなた
待って、持ってくる!!






スマホ取りに家にダッシュ💨




ふりふりっとして、LINE交換して、送ってもらった、初のツーショット!!










あたし、、、半目じゃん








あなた
やだ!!こんなの、合格じゃないよぉ!!
中島
かわいいじゃん、半目
中島
ふーまに送ってやろー
あなた
ダメっ!!ふーまだけは、勘弁して!!
中島
じゃあ、撮り直す?
あなた
うん!!






8枚目、やっと、わたしがそこそこ、、、















どんなレベルの低さや、、、泣












スマホの中の中島くんは、優しく微笑んでた