無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第105話

中島くんらしさ
中島
はぁ、、、、






中島くんは、らしくなくため息をついた。







中島
これ、高橋から。






自分が喋ったことが、中島くんにダメージを与えた事はわかってる。でも、、、








あたしには、彼氏みたいな存在は、、、まだ早くない?






高橋くんからの手紙は、








くそぉ、








宿題が書いてあった。









あなた
宿題だった、、、ふふ、、、
中島
あ、このプリントオレもあるよ





この、宿題一緒にやるのは、、、今まで通り出来るよね。






中島くん、、、









かっこいいね。









あなた
ねぇ。
あなた
片思いでは、ダメなの?