無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

中島くんから貰ったもの
中島
これ。




見たこともない、中島くんの恥ずかしそうな顔。




かわいすぎ、死ぬわ、、、






あなた
なに






学ランのボタンだった。







あなた
なんで?
中島
なんでって、、、、







あんなに沢山の女子が奪い合いしてたボタン





腕の小さなボタンまでも、すっからかんになくなってたのに。






中島
あなたにあげたくて。
あなた
ありがとう←あっさり
中島
ん、、、わかってないよね??
あなた
これ、どーしたらいいの?
中島
高校のかばんにでもつけといたら?
あなた
お守りみたいに?
中島
ふふ、うん。そうね、、、そうだね、、、







みなさん、学ランって知ってますか?
学ランのボタンって、裏ボタンがついてて、縫い止めてあるわけじゃないんです。
だから、こそっとはずしたり、できるわけです。


心臓の近くにある第二ボタンは、心を意味し、男の子が本当に大切な人に贈る、ある意味、告白、プロポーズのような意味なのです、、、



最近ではブレザーの学生が多くて、知らないでしょ?
作者、学ランのフェチなんです、、、





あなた
女の子たち、たくさん貰いに来てたのに、、、あたしが貰っちゃっていいのかな?
中島
いいんだよ、オレのボタンだから
あなた
なんか、泣いてる子、たくさん居たよね
中島
居たね
あなた
卒業式、感動する派なのかな?
中島
違う意味だよ
あなた
あ、そうなの?あたし、全くワカンナイ
中島
あなたは、わかんなくていいよ
あなた
ふーん、そうなんだ



















健人の本音
健人の本音
いつ、気がつくのかな?もう、、根比べだな