無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

中島くんのぽんぽん
あなた
中島くん。
中島
なに?
あなた
今日は、1人で帰る
中島
ダメ
あなた
なんで?
中島
じゃあ、なんで一緒じゃ、ダメなの?
あなた
・・・・
中島
ごめん、今日は、あの角で帰るね
あなた
・・う、、ごめん、やっぱ、、、
あなた
なんで、、、、一緒に、、、家まで来てくれる、、、の、、、かな???
あなた
今日、そう、聞かれたの、、、2組の子に。
中島
そうなんだ。ごめん、そう言えばいいのに、、、
あなた
なんて言えばいいのかわからなかったの
中島
今日でやめるね
あなた
違う、、、違うのぉぉ、、、
中島
勉強一緒にするのも、、、あれだね
あなた
違う、、、






いろんな気持ちが入り乱れて、混乱する















嫌なんじゃない








ただ、、、











中島くんが好きなだけ。










それをね、他の人に指摘されると、、、











中島くんに申し訳なくて。






















ごめんなさい










あなた
明日も、勉強見て。
あなた
一緒に帰って。
中島
なにそれ?
中島
あなたの事狙ってる人たちに、悪いよね







下を向いたままのあたしの頭をぽんぽんってして、中島くんは、体の向きを変えて行ってしまった。










終わった、、、、










このまま、アスファルトに埋まってしまいたい、、、







そう思ってた。








涙が出て、、、






その場に座り込んだ、、、