無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

中島くんの距離感
中島
あそこで、写真撮ってもらお?
あなた
え、、、それは、、、
中島
いや?
あなた
嫌じゃないけど、、、
中島
けど?
あなた
勘違いするよ?
中島
いいじゃーーん!!だれにも見せないから!!







もう、、






こーゆー時、話しが噛み合わないの!!















シンデレラ城前で、わざわざ、その辺にいる人に頼んで撮ってもらった。













あなた
ねぇ、、、近くない?






距離感、、、











ヤバイ、、、、(勝利が隠しきれない)






あの、、、










あたし、暴走しますよ?















そのあと、バクバクする心臓の音がバレないように、ミッキーがドラム叩くの、見に行って、



ワッフル食べて、



パレード見て、




、、、、。





中島
なにか、お揃いで買おっかー?
あなた
はーーー?(白目、、、)
中島
ふふ、2人の秘密






もう、それは耳鳴りか、わたしの妄想か。




もしくは、わたしの夢なのか、、、











中島
これ、いいね









ミッキーとミニーがそれぞれについてるシャープペンを買った。






中島
あなたは、ミッキー持ってて。
あなた
ウン








あたしがカバンにミッキーを仕舞うと、














中島くんは、わたしをぎゅーってした、、、