無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

日本庭園の中島くん
あなた
あれ、中島くんやない?
松島
中島くん!!




聡、声でかっ





中島
・・・!!
あなた
なんて言ってるか、わかんない!!





中島くんまで、駆けてみた!!





中島
聡と来たの?
あなた
うん。荷物持ってくれたよ
中島
どっから入るのか、わかんなくて。
松島
わかんないよね、ごめんね
あなた
マリんち、すごいからね♡
あなた
ここ。あれ?
松島
開かない?
松島
ちょっと持ってて





大きな門を、聡が開ける。



さすが、通い詰めてるだけのことはある!!






日本庭園のような通路を歩き、
『お屋敷』と言いたくなるようなお家に。





マリウス
はぁーい!いらっしゃい!!





こんな感じのところにいても、中島くんはかっこいい





長い脚が綺麗。






あなた
友美、きてる?
マリウス
まだだよ♡
中島
すごい家だね
あなた
出されるものも、すごいんだよ!!





まずさ。




玄関の広さ。


あたしの部屋くらいある。








そして、靴のまま上がるの。






でね。

紅茶のポットが載ってるワゴン見たいのがあって。








食器がいちいち、、金で柄があったり。






カトラリーが、本物のカトラリーだし。







そんなもので、あたしのグラタン食べるの。






落差、、、





格差、、、





人生いろいろよ。








中島
おいしそうだね




そう言って、あたしにニコッとしてくれた







酸素ボンベ下さい!!!






AED用意しておいて下さい!!!









お重の3段目のサラダを出しながら、






パクッとプチトマトをつまみ食いした。











カッコいい!!!







ちょっと、聡!!やってみ、パクッとしてみ?





同じ人間とは思えない!!!