無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第107話

中島くんの疲労
しばらくして、中島くんは、動かなくなった、、、







死んだ訳じゃないと思うんだよね、、、





陸上部してきてるから、まぁ、、、そうなるよね







わかるよ。







でもさ、、、










餃子を、包んでた。





お兄ちゃん
中島くん、帰ったの?
あなた
いや、上にいるよ
お兄ちゃん
仲直りしたの?
あなた
そもそも、仲良しだよ
お兄ちゃん
喧嘩したのかと思ってた
あなた
意味わかんない!!





お兄ちゃんも、一緒に餃子を包む。






あなた
お兄ちゃん、なんで付き合ってんの?彼女と。
お兄ちゃん
独り占めしたいじゃん
あなた
わかんないなー
お兄ちゃん
2人で居たいじゃん、手繋いで、お出かけして。
あなた
付き合わなくても、出来るよね?
お兄ちゃん
手繋いだりする?
あなた
そうちゃんや勝利とも手繋ぐよ?
お兄ちゃん
まぁ、、、ね、、、
お兄ちゃん
キスしたりは?
あなた
そんなこと、望む?普通??
あなた
男の人って、不明すぎる。







部屋に戻ったら、









中島くんは、まだ寝てた、、、、









朝までほっておこうかとも思うけど。









おばさんかわいそうだから、起こした、、、






あなた
中島くん、起きて