無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第81話

すみませんでした、と中島くん
ぶつかったのは、優しいモード全開の男の人だった。





男の人
大丈夫?
あなた
すいません
男の人
手、大丈夫?
あなた
ちょっと、すりむいただけです、、、





その人は、ひとを待ってるからその間にね、と優しく話を聞いてくれた。






男の人
とりあえず、彼のとこに戻ろっか。








中島くんは、すぐに来てくれた。






中島くんは、その男の人に何度も何度も頭を下げてくれた。







中島
もぉ、お前さ、、、



と言って、中島くんは、私を抱きしめた。









あなた
なんでこーするの?やめてよ






狂わされてるって、わかってるけど、、、勘違いが、止められないの!!