無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第80話

2回目だね、中島くん
中島
ヤバいね、あなた
あなた
ヤバい?
中島
格好が可愛すぎて、、、どこ見たらいいか。




ディズニーデートです。







リクエストにお応えして、、、ふんわりワンピに巻き髪で可愛らしく♡





すこしヒールのあるブーツで。











中島
あれ、あなたちょっと大きいじゃん
あなた
うん、近づいてみた
中島
よし、行こう





パッと私の手を握り、いつもとは違う方向へ歩き出す。電車よ、電車。






あなた
中島くん、手、、、
中島
ダメだよ、人混みに行くから。





わかった、、、






恥ずかしいけど、、、







この前より、恥ずかしい。







あなた
今日は高校生だね
中島
ん?
あなた
前は中学生だった。
中島
はい、コレでしょ?探し物





差し出されたのは、壊されたのと同じ、ミッキーのシャープペン










あなた
え?
中島
使ってなかったから、オレの事、嫌いになったのかと思ってた
あなた
そんな、、、
中島
でもさ。本当は違うよね?
あなた
うん!嫌いになんかならないよ?!
中島
壊されたの?
あなた
えっ!?え、、あ、、あの。





あの日の事、思い出す。







怖かった、あの日。








こんな風に中島くんとこんなところに居るの見られたら大変







あなた
あたし、今日は帰るね
中島
!!
あなた
中島くん、たのしんで帰って







ゲートに走った、、、







どさっ💫



すみませんっ