無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
2
2021/06/07

第4話

サン
サン
ゼロ兄、ゼロ兄……あー…どこにいるの?
会いたいよぉ!
小さい頃、兄さんは出ていったその後兄さんがどうなったかは知らないが、サンは、父さんと母さんの言いなり状態で今まで過ごしてきた
お母さん
お母さん
サン……今日は学校が休みだけど勉強は、しておくのよ
父さん
父さん
母さんの言い通りだぞ
最近こんなことしか言わなくなった、だから殺した……そしたらうるさい奴らが消えて、兄さんに会いたくなった……だから情報屋に聞きにいったら、金とうるさかったから殺した……けど見つけたんだ…少し時間はかかったけどやっと大切で大好きな人に会えるその事にしか頭の中では考えられなかった
ゼロ
ヘックシュ
イチ
大丈夫か?風邪?
ゼロ
なんか……懐かしい奴に会える気がする
イチ
何それ‪w


ピンポーン
イチ
はーい今開けます
ゼロ
イチ銃持っとけ
イチ
分かってる
ガチャ
サン
兄さん(*´∀`*)
ゼロ
サン?なんでここに?
サン
会えて嬉しい(*´∀`*)
(っ´>ω<))ω<`)♥
ゼロ
おぉ。(。-ω-ヾ(>᎑<`๑)
イチ
この人は?
ゼロ
あー…俺の弟
イチ
弟いたんだ
兄さんに会えて嬉しいけど……なんか違ったこいつ誰だよサンの兄さんに手出したヤツか?
殺す殺す
急だったけどこのことしか考えられなくなってしまった
ゼロ
サン……父さんと母さんは?
そんなことを言う兄さんは、とても可愛らしくて今すぐにでもサンの夫さんにしてあげようなんて考えるくらい大好きなのに








なんで、あの2人のことを心配しているのかが分からないだから言ったんだ
サン
殺したよ
ゼロ
えっ?
兄さんは、呆然とたっていた何故か悲しそうな顔でこっちを見てくる顔がとても気に食わなかった
サン
なんか文句でも?
ゼロ
(っ´>ω<))ω<`)……
僕は、少し機嫌を損ねたのに兄さんは、何も言わずにそっと優しく抱いてくれた……あーやっぱり兄さんしかサンのことなんて知らないんだってまた知らせられた気がした
サン
ゼロ兄……サンね、ゼロ兄のグループに入れさせてよ
無茶ぶりで言ったことだったのに兄さんは、笑顔で嬉しそうに
ゼロ
うん!いいよ
って、言うからついついキスをしたくなった……変なのかな?でもサンにとっては普通だからいいよね?
サン
( *´³(´꒳` *)チュッ︎︎❤︎︎
ゼロ
( '-'  )フェッ?!
イチ
俺、ちょっと用事思い出した
イチって言うやつ案外空気を読めることが分かった
サン
兄さん……好き好き好き好き好き大好き
ずっとずっと溜め込んでた兄さんに届ける愛が届いてとても嬉しくなってついつい止まらなくる



このことを知っている兄さんは、いつも誘っているかのように言い出すんだ
ゼロ
ベットに行かない?
そうしたらこの後の続きできるでしょ?
やっぱり、サンの兄さんは可愛い