無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

蘇る記憶
真冬
真冬
付き合ってた……?僕と……そらるさ…ん………が?
維譜
維譜
うん………もう見てられないよ……こっちが辛い…
苦しそうに顔を歪めて今にも泣き出しそうないぶ君
その表情を見ると何かを思い出しそうで
頭にはズキズキとした痛みがくる
その痛みに意識は薄れていった
するとまぶたの裏にはそらるさんと僕が映し出された
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
宇宙
宇宙
今日は……来てくれて、あり、がと
真冬
真冬
はい
宇宙
宇宙
………………………き…す
真冬
真冬
キスぅ!?
宇宙
宇宙
いやっ違う!!
宇宙
宇宙
好きです!!
真冬
真冬
……………!?
そういえば、そらるさんと僕が歌ってみたを取り終わった後
急に告白されたっけ
僕は「好きです」の「き」と「す」しか聞き取れなくて
「キス」って勘違いして
急に何を言いだすんだ……なんて思ったり
そらるさんは顔を真っ赤に染めてそっぽを向きながら言ってたっけ
次はまた違うシーンが見えた
真冬
真冬
ん?どうしたんですか?そらるさん僕のアイス欲しいんですか?
宇宙
宇宙
ん''っ!?
真冬
真冬
あげますよ?ほら、あーん
宇宙
宇宙
ぁ、ぁー
宇宙
宇宙
うまぁ
真冬
真冬
ふふふ
ああ、こんな時もあったなぁ………
そらるさんが僕の食べてるアイスを物欲しそうに見つめてて
欲しいのかを聞いたら図星だったようでへんな声出してて……
僕があーんをしようとすると
顔を真っ赤に染めて恥ずかしがりながらちっちゃく口を開けてたっけ
食べたら目をキラキラ輝かせて
新しいそらるさんを知ることができたなぁ………
宇宙
宇宙
まふはっ………○▽□さんの方が好きなんでしょ……
宇宙
宇宙
だったらそっちに行ったらいいじゃん………
真冬
真冬
そらるさんっ!!○▽□さんは僕のお姉ちゃんです!!
宇宙
宇宙
ぇ?
真冬
真冬
僕が好きなのはそらるさんだけです……
そらるさんが僕の姉を彼女だと勘違いして
泣いちゃったこともあったなぁ………
あれは僕が悪かったって思う
僕が姉と一緒に歩いてたから
そりゃ、彼氏がほかの女の子と2人であるいてたら不安にもなる
男同士のカップルだから男の人でも不安なのに女の人ともなると……
奏
………ん!……ふ…ん!
奏
まふ君!
真冬
真冬
んぇ?
相変わらず視界は閉ざされたまんまだったけど
意識を取り戻した
そう君の声がだんだんはっきり聞こえてきて
僕を心配してくれているのがわかる
真冬
真冬
そう君………いぶ君……交通事故にあった時は……助けようとしてくれてありがとう
真冬
真冬
2人に怪我がなくてよかった…
維譜
維譜
ま、ふ………君!?
奏
え………
維譜・奏
維譜・奏
記憶………
そらるさんとのエピソードを思い出すに連れ、
みんなとのエピソードも蘇る
僕にトラックが近づいて来て
いぶ君は「まふ君!!横!!!」って叫んでて
そう君はこっちに走ってこようとしてたけど、
僕といぶ君のために買ってたタピオカのせいで遅れてた
記憶が途切れる最後、見えたのは2人の泣き顔だった
あれ?
























僕、叶都と付き合ってた記憶…………ないんだけど……




蘇る記憶と生まれる謎
まだよくわからない人生

まだ目は開かないままだった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
はい!衣舞です!
作者
作者
スランプなので面白くなかったらごめんなさい🙇‍♂️
作者
作者
どうぞ罵ってください()
作者
作者
またやべぇ展開にしちゃいました
作者
作者
続きはどうなるのか、お楽しみに!!
作者
作者
ばいばい!