無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

253
2021/08/07

第4話

3話
ー次の日学校ー










にしてもジミン可愛かったなぁ…










パクジミン
パクジミン
あなた~!
あなた
その声は!
あなた
ジミン!
パクジミン
パクジミン
エヘヘ(*´∇`)
あなた
なに?
パクジミン
パクジミン
今日の放課後暇?











特に何もなかった…気がする











あなた
何もないよ!どうしたの?
パクジミン
パクジミン
あのさ!今日僕の家に遊びに来ない?
あなた
んー、いいよ!
パクジミン
パクジミン
やったぁ!(*´∇`)
じゃあ放課後靴箱の前で待ってるね!
あなた
うん!じゃあね!
パクジミン
パクジミン
バイバイ!(*´∇`)













ほんとにジミン可愛い…天使…神…














あれは老若男女に好かれる天使だ…









それにしても!お家デート!







いや、遊びに誘われただけだけどさ…










楽しみ!









ー放課後ー









パクジミン
パクジミン
あなた!
あなた
ジミン!お待たせ!
パクジミン
パクジミン
うん!じゃあ行こっ!(*´∇`)
あなた
うん!










テクテク… 










パクジミン
パクジミン
ここが僕の家だよ(*´∇`)
あなた
え、でっかぁ…
あなた
誰と住んでるの?
パクジミン
パクジミン
1人だよ?
あなた
え?!ジミンってもしかしなくても金持ち?
パクジミン
パクジミン
んー、金持ち…なのかな?
わかんない(*´∇`)








ジミンの家はすごく高いマンションの1番上の階数だった。












パクジミン
パクジミン
入って入って!
あなた
あ、じゃあ、お邪魔しまーす…
















ー続くー















また終わりかたが中途半端!ごめんなさい(泣)