無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

247
2021/08/07

第5話

4話
あなた
お邪魔しまーす…
パクジミン
パクジミン
飲み物出すから座っといて!(*´∇`)
あなた
あ、うん!












初めて男の人の家にきたなぁ…










何故かわからないけど少し緊張する。









パクジミン
パクジミン
麦茶でいい?









キッチンの方から聞こえる。










あなた
うん!ありがと!








ドキドキ…












自分の心臓の音がうるさい。









パクジミン
パクジミン
はい(*´∇`)
コト…
あなた
あ、ありがと☺️
あなた
ところでさ、
なんで今日呼んだの?
パクジミン
パクジミン
んー、それはね、
ドサッ













気づけばジミンに押し倒されていた
あなた
…え?
パクジミン
パクジミン
ずっとあなたのこと気になってたんだよねニヤッ
あなた
え、ちょ、
パクジミン
パクジミン
初めてあったときでビビっときたんだよね。
なんか、初めて俺のS心(?)に来たというか…
あなた
え、えす?え?
パクジミン
パクジミン
言ってなかったっけ?俺ドSなんだよ?w
全然見えなかったでしょw











ジミンの目はとてもギラギラしていて、まるで何かを、獲物を見つけたかのようないつもの可愛いジミンとは全く違う。















とても、かっこよくて、少し怖いジミンがいた。









チュッ











あなた
え、今…
パクジミン
パクジミン
んふふ(^ω^)










今、唇が、触れた…?












ー続くー
















切り方が変だって?すみません。切るのやっぱり苦手🥺











うう…もっと頑張ります。











主でした!











じゃねばい!あんにょん!