無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

92
2021/08/11

第6話

5.
数十分後
グルッぺン
なんか見つかったか…?
金豚きょー
金豚きょー
見つかってないな…
ぺいんと
ぺいんと
なんなんだここは…
トントン
自己紹介だけでもしとく?
グルッぺン
まぁ、名前が分からなかったら呼ばないしな。名前だけ言おう。
〜名前紹介中〜
緑色
緑色
タクサンイルカラオボエルノムズカシイナ(沢山いるから覚えるの難しいな)
Broooock
Broooock
まぁ…頑張ろ…
『自己紹介はすみましたかー?』
きりやん
きりやん
(放送?!)
『すんでるならそちらの椅子に座ってください。場所は自由です』
スマイル
スマイル
(どうする…罠かもしれない…)
トラゾー
トラゾー
とりあえず座りましょうか。話が進まない
レウ・クラウド
レウ・クラウド
(そんな理由でいいのか…?)
みなさん座りましたね!
きんとき
きんとき
君はいったい誰なんだ?
僕ですか?僕は
(なまえ)
あなた
あなたの偽名って言います
(なまえ)
あなた
よろしくね
ゾム
…俺らを意味わかんない場所に連れてきてどうするつもりや?
(なまえ)
あなた
みなさんにはとあるゲームをしてもらいます
(なまえ)
あなた
ゲーム名はありません
オスマン
え?
(なまえ)
あなた
今、皆さんが座っている椅子の前の机に紙が置いてあるでしょう。
(なまえ)
あなた
それはゲームの役職です。
(なまえ)
あなた
他人には見せないでください。見せた場合は
(なまえ)
あなた
殺します。


NEXT▷▶︎