無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3人目…????
はーい!またまたトラゾーでーす!
最後の1人はクロノアさんだけだ
でもクロノアさん結構勘が鋭いからな~
どうしよう…
トラゾー
う~ん…
トラゾー
いえ、なんでもありませんwちょっと考え事をしてました。
トラゾー
そうですか?
トラゾー
!?!?!?
トラゾー
あれ?身体が動かない…?
トラゾー
ク、クロノアさん?な、何をしたんですか?
トラゾー
な、なんで?能力を持ってるのは俺だけのはず…
トラゾー
な、なんでそれを…?
トラゾー
え…?
トラゾー
じゃあつまり、俺と同じ事をしていたっていうことですか…?
トラゾー
さ、最後…?お、俺が…?
トラゾー
い、いやだ…
(ここはクロノアさんを油断させて眠らせるしかないな…)
トラゾー
(顔を近づけた時に囁けば…)
((頷く
トラゾー
…クロノアさん。油断しましたね?
トラゾー
耳元で))あなたの方が可愛いですよ…
トラゾー
よし!眠ったみたいだな…
これでクロノアさんを襲えば…
トラゾー
は…?
トラゾー
な、なんで!?
トラゾー
完璧に眠らせれる能力が効かない…?
トラゾー
え…う、嘘
トラゾー
い、いや(泣)
トラゾー

((バタッ
クロノアでーすw
悪いけどここから俺視点になるので
トラゾーは受けになりまーすw
あ~…楽しみ~。トラゾーも俺の手で壊すの楽しみだったんだ~。じゃあ続きをどうぞ~♪
これで3人とも俺のもの♡