第22話

19
4,763
2019/10/22 09:54
すとぷりside
あなたが屋上から出て行った…
早く追いかけないと…
謝らないと…

でも、体が動いてくれない
ビックリしているのと自分たちが今までしていた事の愚かさに打ちのめされて…

それから15分ぐらい経ってようやくあなたを追いかけに行った…

でも、追いつける訳がなかった
あなたの家に行こうと思ったけどダメ
蛍としてのあなたの家は知らない
よくよく考えると蛍の事は何も知らないな…
聞いても教えてくれなかったし…
とにかく下校時間をすぎて居たので家に帰る事にした
〜シェアハウスにて〜
すとぷり
すとぷり
…………
帰って来たけれど、長い沈黙が続く
すとぷり
すとぷり
……
ななもり
ななもり
どうする…みんな…
ななもり
ななもり
謝りたいのは…みんな…同じだと思う…けど…
るぅと
るぅと
今日は無理だと思います…
莉犬
莉犬
家も知らないし…
ころん
ころん
LINEも知らないし…
さとみ
さとみ
謝る手段がないから…
ジェル
ジェル
明日学校で謝ればいいと思う…
ななもり
ななもり
そうだね…
その後は各自部屋に行って泣いていた…
そして明日許してくれると信じながら眠りについた
〜学校にて〜
すとぷり
すとぷり
え……
俺たちが「え……」と言ったのには訳がある

その理由は先生の一言
すとぷり
すとぷり
先生…冗談ですよね…
先生
冗談なんかじゃない
先生
蛍は転校して別の学校に行った
なんで…なんで…
謝れないじゃん…
すとぷり
すとぷり
じゃあ!転校場所は?
先生
いやー
先生
知らないなー
先生
お前たちは仲良かったんじゃないのか?
仲良い…か
蛍…あなたにとっては表面上の付き合いだったから…
何も聞いてない…
すとぷり
すとぷり
いえ…聞いていないので…
すとぷり
すとぷり
失礼しました…
あなた……
謝りたいよ…

どこに行ったの?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回はここまでです!

それでは・△・)ノ バイバイ

プリ小説オーディオドラマ