第3話

# 2
725
2018/06/05 08:53
あなたside
______________________________



朝ごはんを作って、智くんと一緒に食べる。


あなた)今日の仕事は?

智)なんだっけなぁ…


頭をポリポリしてスマホを開いた。


智)9時にマネージャーが迎えに来て、、今日は雑誌の撮影と取材、嵐にしやがれの収録...


自分で読み上げてたのに仕事の多さにやる気を失ったのか項垂れた。



でも、ぱっと明るさを取り戻した。


智)嵐にしやがれってことはみんなに会える…ふふ (笑)

あなた)ほんと好きだよね〜、メンバーのこと (笑)


智)ふふふ (笑) ...あっ、あなたのことも好きだよ?

あなた)んー、、知ってる!(笑)

智)なんじゃそりゃ (笑)






ぱっと時計を見ると針は9時前を指していた。


あなた)智くん!もうすぐマネージャーさん迎えに来るんじゃない??



ピーンポーン...



智)やべっ


全身パジャマ姿の智くん。

あらら...


智)あと着替えるだけだから!
そう言ってバタバタと寝室に走っていった。



あなた)すみません、少し待ってください

マネ)分かりました!



しばらくすると服を着た智くんが来た。


智)じゃ、行ってきま〜す

あなた)行ってらっしゃい!


玄関に向かった智くん。

...と、くるりと踵を返して私の目の前にやってきた。


(チュッ)

唇に軽く触れるだけのキス。


あなた)!...///

智)んふ、行ってきます (笑)




そういうとこがほんとにずるい... ///