無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

田中樹×先生
あなたside


『ねぇー、樹セン疲れたー…』


樹「なに?今日もさぼり?笑」


『サボる((即答』


樹「そんなに俺の事好きなの?」


『うん、すきー(棒)』


樹「棒読みかよ笑」


『いーじゃん』

『じゃ、ベット借りまーす((バフッ』


樹「今日パンツ白だべ?」


『は!?何言ってんの?!』


樹「あ、図星?( -∀-)ニヤリ」

「ベットに寝転がったときに見えましたー」


『最っっっっ低!!』


樹「お前さぁ、無防備過ぎ。」


『もう帰るっ!!』


樹「だーめ。((ドサッ」


『な、何やって…』


樹「鍵閉めたよな、うんうん、じゃあ始めよっか」


『先生がこんなことしていいの?』


樹「いいわけないし笑」


『チクるよ?』


樹「じゃあ、サボっていいの?」


『ぐぬぬ…』


樹「まー、一線は超えないから。」


『当たり前でしょっ!!!!!!』


樹「寸前までは行くけどね。笑」


『何言っt...「((チュッ」』


樹「はい、お静かにー」


『……っ/////』


樹「初めてだった系?」


『なわけないっ!!/////』


樹「ま、そんなの関係ないし。」




まあその後は、一線を超えないままチャイムが鳴ったわけですが…



樹「付き合お?」


『いいよ。別に。』


樹「高校卒業したら、結婚しような。」


『うん。』


無事高校卒業して子供も生まれ、幸せに暮らしています笑


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る