無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

正門良規×秘密
正門side


俺には彼女がいるんですが、みんなには秘密で…
大吾の幼馴染で、大吾使って来とるし、大吾の同期やから仲良いっていう感じ?
大吾には嫉妬しかしとらんわ!!笑




あなた「西畑ー!来ちゃった✨」


西畑「来ちゃった✨ちゃうわ!!」


あなた「(´˙꒳​˙ `)ショボン」

「まさかどぅー…」


『大吾に振られたけ、落ち込んどるん?笑』


本当はこんなこと言いたくないんやけどな…


あなた「西畑は、好きやない!!」


『じゃあ、誰が好きなん?( ≖ᴗ≖​)ニヤッ』


あなた「うぐっ…」

「ちょっと飲み物買ってくる!いる人〜!!」


なにわ男子「はーい!!」


あなた「なにわの皆さん、容赦ないですね…」


『俺も着いてくわ笑』


大吾「さっすがリアコ〜!!」


和也「ヒューヒュー!」


丈一郎「意味変わってくるわ笑」


駿佑「僕も行きましょうか?」


あなた「大丈夫!笑まさかどぅに持たせるんで笑」


恭平「ありがとうございます!」


謙社「お願いします!!」


流星「無理しないでね?」


あなた「なんでこんな大袈裟になっとるん笑」

「とりま行ってくる」





ー廊下ー


あなた「なんであんな質問してくるわけ!?」


『いじめたくなったから笑』


あなた「リアコでもなんでもないじゃん…」


『じゃ、別れよっか?笑』


あなた「いやだ…」


『なんで?』


あなた「良くんのこと好きやから。」


『はっず…笑』


あなた「もう帰るっ!!頑張ってね!!」


『ちょっと充電。((チュッ』


あなた「バカっ/////」







なにわ男子に見られてて、事情聴取されたのは言うまでもない。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る