無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

永瀬廉×私を見て(彼女side)
あなたside



廉「俺、彼女できてん!!」


『へー、おめでとー』


廉「何でそんな冷たいん!?」


『わぁぁぁぁぁ、おめでとぉぉぉぉぉ!!!(棒)』


廉「めっちゃ棒読みやん😐」


『当たり前やん😐』


廉「でな、でな?ずーっと好きy…『惚気とかいらない。』」


廉「怒っとる…??」


『別に?』


廉の彼女「廉くんっ!帰ろ〜」

「その人…誰?」


『"ただの"クラスメイトの〇〇です。((苗字』


廉の彼女「そうなんですね〜すごく仲よさげな…」


廉「そんなことあらへんで!!」


『って、ことなので。さようなら。』




そうやって私は教室を飛び出した。


















紫耀「あなた?なんで泣いてんの?」


『紫耀には関係ない!!!』


紫耀「関係ありますー」

「どうせ廉だろ?」


『…しょ…う…😭」


紫耀「はいはい、何があったの?」





そうして今まで会ったこと全部、紫耀に話した。



紫耀「分かりきってたことじゃん?笑」


『ねー、なんでそんなひどいこと言えるわけ…?』


紫耀「廉は廉で好きな人がいました。付き合いました。はい終了ってだけの話やん!?」


『なんでそうなるわけ!?』


紫耀「分かりきってたことをぶつぶつ言ってるのは誰ですかー」


『もー、、紫耀嫌い!!笑』


紫耀「ほら、笑った。笑ってた方がいいよ。」


『何いきなり…』


紫耀「ま、これから頑張れよ!!」


『アホやから会話通じんし!!』

『でも、ありがとう』











廉「えー、まじ??」


廉の彼女「うんうん💕」














そんな会話を横目に見ながら私は、絶対に諦めない。そう胸に誓った。























いつか、私のことちゃんと見てよね。
ずっとずっと大好きだから。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る