無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

大西風雅×誕生日
風雅side


まだ帰ってこんのかな…
もしかして、自分の誕生日忘れとる!?
うーん……


ガチャ

あなた「ただいま〜…」


『おかえり。』


あなた「もう寝るね…」


『酔ってる?』


あなた「ちょっと…」


『誰と飲んだん?』


あなた「同僚…男もいました…」


『ふーん…』




俺を置いて、同僚と飲み会…か…



『ねぇ』


あなた「…?」


『誕生日、おめでとう。』


あなた「ありがとう☺」

「今日はごめんね…」


『……した…』


あなた「??」


『嫉妬…した…』


あなた「んふ笑 可愛い…」


『俺、可愛くなんかねーよ』


あなた「風雅は可愛いよ〜?」


『俺だって、男やから。((持ち上げる』


あなた「あ、ちょ…」


『もう知らん。』


あなた「怒ってるの?ごめん…もう何も言わずに飲みに行ったりしないから!」


『それにはもう、怒ってない。』

『可愛いとか言うから。』


あなた「風雅はカッコイイからっ!!!!」


『そー。そんなこと言われたら止まらんわ。』


あなた「何言ってもダメじゃんかっ!」


『もー、うるさい。((チュッ』


あなた「…ッ/////」


『もうそろそろ慣れてくんない?』


あなた「ウザイっ…/////」


『あっそ。((無視して続ける』


あなた「んんっ…/////やめっ…/////」


『嫌だ。』


あなた「…/////やめてっ…/////」


『わかった。』


あなた「……エッ?」


『やめて欲しいんでしょ?』


あなた「…ください…」


『なに?』


あなた「続けてください…」


『よく出来ましたー』




2人は、愛し合い続けましたとさ。



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る