無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

室龍太×大人の階段(苦手な方注意)
あなたside


私は、年上の室龍太って人と付き合ってます笑

大人だから色々エスコートしてくれるし、色んなことを教えてくれる。

そんな彼は、なんだか今日、様子がおかしいです。



龍太「なー、今日家でイチャイチャしたいねんけど/////」


『龍太くんが、そんなこと言うなんて珍しい笑』

『全然大丈夫やよ笑』


龍太「……あの…さ…」


『ん?』


龍太「俺たち、付き合ってから長いやん?」


『そうだねぇ…』


龍太「えっと…その…まださ、その…あの…」


『どしたん?言いたいことあるならちゃんと言ってや?』


龍太「……大人なこと、してへんやん…?/////」


『だね…/////』


龍太「その、だから、今日…」


『(。_。`)コク』

『いいよ…((ボソッ』



ー寝室ー


龍太「緊張するんやけど…」


『私もっ…』



そう言いつつ、彼は私に今までにないくらいの深いキスをした


『んんっ…/////』


龍太「ぬ、脱がせるで…/////」


『うん/////』


龍太「可愛っ…/////」


『そういうこと言わないで/////』


龍太「痛かったら言ってな…?」


『うんっ…/////』







『いたっ…』


龍太「大丈夫…?」


『大…丈夫…っ…』


龍太「痛いんなら辞めるで…?」


『大丈夫やからっ…んっ…』


龍太「リラックスして…?((チュッ」


『んんっ…/////』






脳がとろけそう…
なに…これっ…/////






(これ以上はタグつけてないんで、やめときます。)




龍太「あのさ、結婚しよ…?」


『うんっ…』







今では子どもたちと幸せに暮らしています!



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る