無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

西村拓哉×マネージャー(長め)
あなたside


サッカー部のマネージャーやりながら、キャプテンの西村くんに恋してます笑


女子「キャー!!」

女子「拓哉くん、カッコイイ💕」


ピピーッ(笛)


『お疲れ様でーす、10分休憩入ります!』


サッカー部員「はーい」


『おつかれ〜、はいっ、ドリンク。』


拓哉「サンキュ!」


『皆さんドリンクいります?』


サッカー部員「いるっ!!!」


『持ってくるんで、ちょっと待っててくださーい』



サッカー部員(可愛い…)


拓哉「あ、俺も行く。」


『本当!?助かる〜…』


女子(何よあの女。)



ー水道ー(水入れて作るやつ←絶対ない)

拓哉「いつもこの量一人でやってんの?」


『まあ…笑マネージャーだし!』


拓哉「大変なんだな…」


『楽しいから大丈夫だよ笑』


拓哉「いつもサンキューな!」


『いえいえ/////』


拓哉「うしっ!行くか!」


『あと5分しかないね笑』


拓哉「急げ〜!!」



女子「あの、あなたさん!ちょっといい?」


『ごめん、西村くん先行ってて…このドリンクは後で持ってくから!』


拓哉「俺が持ってっとくな。」


『本当ごめん!!』







女子「ねぇあんたさ、調子乗んないでよ!!」


『乗ってるつもりはないんですけど…?』


女子「拓哉くんと話せるからってさ?お前みたいなブス誰が相手するかよ!!」



?「そうだね〜、誰が相手するんだろ〜」


『西村くん…?』


女子「だよね!拓哉くんもそう思うよね!」


拓哉「あ、ごめん。俺言ってんの性格がブサイクな人の事ね笑、集団で虐めるとかひねくれてるし。」

「てか、俺の彼女虐めないでくれる?」


『え…?』


女子「ご、ごめんなさいっ!!」





拓哉「ごめん、いきなり彼女とかいって…」

「でも、気持ち伝わったかな…?」


『嬉しかったよ…ありがとう。』


拓哉「返事、今聞かせてくれる…?」


『私も好きでしたっっ!よろしくお願いします!!』


サッカー部員「にしむーおそ…」


拓哉「ずっと守るから。((チュッ」


『誰か来たらどうすんの!?』


拓哉「いーじゃん。見せつければ笑」






しっかり見られてて、情報は瞬く間に広まっていったとさ…笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る