無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

高橋恭平×練習(長め)
あなたside


私は密かに思いを寄せている先輩がいる。
先輩はモテるし、カッコイイし、優しいし…いい所を挙げたらキリがない笑



噂をすれば…?


恭平「ねー、君!いつもバスケ部の練習見に来てくれてるよね!?」


『はい…?』


恭平「ちょっと付き合って!!」


『え、あ、ちょっ…どこ行くんですか!?』


恭平「バスケの練習に行くの!!」







ー体育館ー

恭平「ボールをパスするから、それをゴールの方に向かってドリブルしながら、俺にパス!」


『????』


恭平「とりあえずやってみよ!」


『いや、そういう事じゃなくて…』


恭平「え…??」


『なんで、私なんですか…?』


恭平「何となく…?顔とかで選んでなさそうだから!ま、俺カッコイイから仕方ないんだけど〜…」


『ふふっ笑』


恭平「変な事言った!?」


『いいえ?じゃあ、練習始めちゃいましょう!』


恭平「まあ、練習って言うのは口実で…」

「まあベタなんだけど、このシュート決まったら、俺と付き合ってくれる?」


『え…?』


恭平「めっちゃムズいんよ!?」


『えっと…好きにしてください笑』


恭平「じゃあ行きまーす」

「(°Д°)アッ…((入らない」


『あの、先輩っ!私先輩のこと…』


恭平「かっこ悪いのは分かってるけど、俺、あなたちゃんのこと好きです!!付き合ってください!!」


『私も先輩のこと好きでしたよ…?』

『シュートが入っても入らなくても、付き合う気しかありませんでしたし笑』

『全然カッコ悪くないですし、むしろカッコイイですよ笑』


恭平「え、もう大好き。((チュッ」

「あと、先輩なしでタメで話してね笑」


『わ、わかった…』

『って、恭平…?って呼べばいいのかな…?』


恭平「うん( -∀-)」


『ねぇ、先輩?耳貸してください。』


恭平「ん?」


『恭平、大好きだよ。』


恭平「(/// ^///)恥ずいんやけど…」


『恭平のせいやしっ!!』





何考えてるか分からないけど、幸せです!笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る