プリ小説
一覧へ

第1話

エピローグ
休みの午後昼下がり
駅の道真っ直ぐに駆け上がり
交差点に着いたら人波をかき分けて

時計と競走しながら猛ダッシュ
そんな時に限って切れてんだ
改札におもいっきり足止めくらって
あなた

痛っっっ!!!

そんな時に限って切れてんだ
改札におもいっきり足止めくらって
あなた

最悪……

いつもながらついてないし
余裕を買う金だってないし


2ヶ月前に初めての彼氏が出来たのに別れた。

で、ついでに全くモテませんし



ある意味三拍子揃ってます。
電子マネーをチャージしてホームに向かう

発車のベルが聞こえる



聞き慣れたメロディーコール

イコール君がいると悟る


朝から全力で階段を降りる

間に合ったと思った瞬間

目の前で閉まるドア
あなた

嘘でしょ……

電車のドアは僕なんて
見捨てるように吐き捨て
あなた

成功への道は もう満員ですか

そう思えた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

心奏 ララ
心奏 ララ
初心者~💕💗