プリ小説

第2話

1
次の電車を待って

遅刻ギリギリだったけれど

なんとか仕事場に着いた
あなた

ギリギリセーフか……

そこに彼が現れた
錦戸亮
錦戸亮
お!
今日は、ギリギリやん
どーしたん?
また茶化しに来たな…

彼の名前は 錦戸亮

同期なのだが茶化しに来たりする
ウザイ系男子

でも相談とかしっかり聞いてくれるから
いまいちよく分からない。
あなた

電子マネーが切れててさ
それでチャージしてたら
いつもの電車乗り遅れたの
それでこの時間。

錦戸亮
錦戸亮
電子マネー切れてたん!?
定期持ってんのとちゃうん??
あなた

寝坊して
定期 家に置いてきた

錦戸亮
錦戸亮
寝坊までしたん(笑)
ほんまぬけてんな(笑)
あなた

うるさいな~も~
茶化すの終わりにして
早く仕事戻って!

錦戸亮
錦戸亮
はーい、
じゃああとで👋🏼
あなた

あとで~って
会う予定ないでしょ!!

部署が違うのに会いに来る亮くん

いまいち よくわかんないけど…

まぁ話してて楽しいしいいかなって…

唯一の同期だし

男性で仲いいの亮くんだけだし
(自分の思い込み)

まぁいいかな
茉莉
茉莉
あら、あなたさんおはよう
あなた

あ、おはようございます

この人は山田茉莉さん

錦戸亮くんが好きらしくて

私が亮くんと話してるのが気に食わないらしい
茉莉
茉莉
さっき 錦戸くんと何話してたの??
あなた

いや 彼にも用事があったらしくて
それでこの部署に来てて
私が遅刻ギリギリだったから
心配してきてくれただけです。

茉莉
茉莉
ふーん、そう、
なんか最近錦戸くんとよく話してるから
そろそろやめてほしいんだよね~
あなた

そう言われましても
あちらから話しかけてきますから
亮くんに言ってください。

茉莉
茉莉
そんなん言えるわけないでしょ?
あなたの努力よ。
私の恋応援してくれるんでしょ??
あなた

あ、はい。

茉莉
茉莉
じゃあよろしく~
わけわかんない。

亮くんは、ただの同期だし

恋愛感情なんてゼロ。

なのになんか腹立つ。
こんな時に話せる相手は

かりんしかいない。
お昼休みかりんの部署に行って話した
あなた

かりーーん

かりん
かりん
どーしたのあなた
あなた

もーまたあいつだよ~

かりん
かりん
あいつか……
錦戸亮
錦戸亮
あいつってだれ??
あなた

亮くん関係ないでしょ~
ってなんで入ってくんの!

錦戸亮
錦戸亮
面白そうな話だったから
あなた

女子トークなの
はい、あっちいって!
あ、茉莉さん待ってるよ?
錦戸くんとご飯食べるーって

錦戸亮
錦戸亮
俺も女子だったらな~(ボソッ
あなた

ん?何?

錦戸亮
錦戸亮
なんでもない。
茉莉ちゃんのところ行くか~
じゃあねあなた!
あなた

うん バイバイ👋🏻

亮くんは茉莉さんの所に行った
かりん
かりん
で、なんて言われたの?
あなた

なんか……

亮くんと話してるのが気に食わないこと

そろそろ絡むのやめろということ

朝言われたことをすべて話した
かりん
かりん
そんなこと言われたの?
面倒くさwww
あなた

ほんとだよ
亮くんと話すなとか
話したくて話してるわけじゃないのにね

かりん
かりん
でもさ
思うんだけど
亮くんあなたに気があると思うの
あなた

気があるって?

かりん
かりん
だから亮くんがあなたのこと
好きなんじゃないかって話。
あなた

ないでしょ!!

かりん
かりん
いやでも今日の朝とか
ちらちらそっちの部署見てて
あなたが来た瞬間
笑顔で走っていったよ?
あなた

茶化しに来ただけでしょw
亮くんとはないから
安心して。

かりん
かりん
そう?
なんか怪しいな~
あなた

ないっての(笑)

そんな話をしてると
お昼休みが終わった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

心奏 ララ
心奏 ララ
初心者~💕💗