無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4
まさかかりんのお兄ちゃんと亮くんが友達だったなんてほんとにびっくり
そんなことを思ってるとまたあの人が現れる
茉莉
茉莉
あなたさん~今日も何してたのかなぁ??
あなた

何ってふつうにお仕事してますけど……

茉莉
茉莉
違うでしょ? 錦戸くんと何話してたの?
あなた

亮くんとですか?
なんか普通に話してただけですけど

茉莉
茉莉
ふーーん なら良かった
最近またベタベタしてるから付き合い始めたのかと思った
あなた

それは、ないですから
亮くんは、普通にお友達です。

茉莉
茉莉
だよねぇ??
錦戸くんは、私のものだもんね?
あなた

そーですね。

なんだろう 好きって感情全く無いのに
最近 茉莉さんに話しかけられるとムカムカする
錦戸亮
錦戸亮
あ!あなたと茉莉ちゃんじゃん、
珍しいどないしたん?
あなた

あ、亮くn

茉莉
茉莉
錦戸くん!!!
なに?茉莉に会いに来てくれたの?
嬉しすぎる~~♡
あ、今日もお昼ご飯食べに行きましょ?
私をチラチラ睨みながら

亮くんの腕に茉莉さんは、しがみついた

いつもなら『ええよ』って笑顔で言う亮くん

でも今日は、なんか違うような……
錦戸亮
錦戸亮
ごめん 茉莉ちゃん

今日は、1人でご飯食べたい気分なんだ
あなた

あれ?いつも一人寂しいとか言ってるのに?

茉莉
茉莉
なんで1人なの??
茉莉とご飯食べようよ??
錦戸亮
錦戸亮
いや 今日1人で食べたい。
ごめんね 茉莉ちゃん また誘って?
茉莉
茉莉
も~ 錦戸くんてれてるの?
好きな人の前でご飯食べるの恥ずかしいとか
そーゆーのあるからもしかして??
そーなんじゃないですか

そう心で呟きながら 仕事に戻る

でも珍しい 亮くんがひとりでご飯なんて

そう思った時
亮くんが私に向かって喋りかけた
錦戸亮
錦戸亮
あなた 茉莉ちゃんがいなくなったら
これ読んで??
小声でそう話された

茉莉さんは、ちょうど見てなかったから

何も言われず

わたしは、こくん と頷いた
錦戸亮
錦戸亮
よっしゃ
そろそろ仕事戻ろか!
茉莉
茉莉
そ~ね♡
あなた

じゃあまた!

錦戸亮
錦戸亮
おう!
茉莉
茉莉
錦戸くん途中まで帰ろ??
茉莉さんがベタベタ亮くんに触りながら
歩いていくのを見てて

なぜか心がズキっとした、
あなた

あ!そーいえば!

亮くんに渡されたメモを読んでないのを

思い出して4つ折りを開いた その中には


あなた
お昼ご飯一緒に食べへん?
後で茉莉ちゃんいなくなったら
迎えに行くから待ってて?




珍しいお誘いだった
かりん
かりん
あなた~!
お昼どーする??
いつもは、かりんと食べる

だけどこれは断れそうにないなぁ

そう思って話した
あなた

ごめん!
なんか亮くんにお昼誘われちゃって、

かりん
かりん
え、マジで?それ大丈夫なの??
茉莉さんに怒られるんじゃないの??
すっかり忘れてた。
茉莉さんに怒られる
けどどうすればいいのかわかんなかった



✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -


はじめまして!ララです!

昨年これを描き始めて
飽きっぽくてすぐやめちゃったんですが

また描き始めました!!!

これからも書いていきますね~!


さて、 亮くんとの関係はどーなるのか

茉莉さんは、まだまだ牙をむくのか

ここで章ちゃんが動き出すのか!

ちらちらと I to uと アネモネ の歌詞を
混ぜながら進めていきますよ~??

またまたよろしくお願いします!

💗ララ💗