第7話

7
112
2021/01/22 07:44
(なまえ)
あなた
矢野さん
(なまえ)
あなた
私実は、、、





ついに想いを伝える





目の前の大好きな人に





晴人
晴人
うん
(なまえ)
あなた
実は
(なまえ)
あなた
矢野さんが好きなんです
(なまえ)
あなた
ノンラビの矢野さんじゃなくて
(なまえ)
あなた
1人の男性として
(なまえ)
あなた
好きになったんです
(なまえ)
あなた
矢野さんからしたら、私なんてただのファンで、たまたま出会って、クリーニングのことがあって、LINE交換せざるをえない
(なまえ)
あなた
って感じだったかもしれないけど
(なまえ)
あなた
既読無視しちゃってたのは、私が迷惑かけてるんじゃないかって思ったからで
(なまえ)
あなた
ほんとはずっと会いたかったんです
(なまえ)
あなた
たくさんの優しさを知って
(なまえ)
あなた
今までは動画とかLIVEの矢野さんしか知らなかったけど、素の矢野さんを知れたんじゃないかなって勝手に思ってるんです
(なまえ)
あなた
10個も歳離れてるただの子供かもしれない
(なまえ)
あなた
だけど伝えたくて
(なまえ)
あなた
無理だってわかってます
(なまえ)
あなた
諦められるときが来るかわからないけど、伝えられただけで十分幸せです
(なまえ)
あなた
こんな私に優しくしてくれて
(なまえ)
あなた
ほんと、ありがとうございました
(なまえ)
あなた
大好きです





涙がこぼれそうになったのを堪えて





矢野さんの目を見て





想いを伝えられた





私が話してる間矢野さんは何も言わずに私を見てた





話し終わった今も変わらず





あー、終わったんだ





そう思った





晴人
晴人
ねえ





少しの沈黙を過ぎて矢野さんが口を開いた





晴人
晴人
推しとして、じゃないんだよね?
晴人
晴人
1人の男として見てくれてるんだよね?
(なまえ)
あなた
はい、、、
晴人
晴人
すっごい嬉しい
晴人
晴人
あの日出会えてよかった
晴人
晴人
俺もずっと好きだったんだよ
晴人
晴人
でも歳離れてるから
晴人
晴人
ダメだって、叶いっこないって





訳が分からず矢野さんを見る





晴人
晴人
ねえ
晴人
晴人
俺も好きだよ
晴人
晴人
大好きだよ
晴人
晴人
あなた
(なまえ)
あなた
はるくん、、、
(なまえ)
あなた
はるくんっ!





無理だって勝手に諦めてた





だけど無理じゃなかったんだ





運命だったんだ





はるくん





大好きだよ