無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9
銀太編*。:.(○σ´・ω・)だぉ.:。*
ー運命の人は誰ですか?ー
銀太「おい。」
銀太「おいーー!」
銀太「おいいいいい!」
あなた「なんや、うるさいな。お口チャックよ銀太くん!」
銀太「あなた〜心理テストするけん、答えてね」
あなた「はいよ」
銀太「あなたは、丸いテーブルにいます横と横の横、前が空いてます誰を座らせますか?」
あなた「前は、りゅー」
あなた「横銀太」
あなた「横の横社長」
あなた「俺でなんがわかると?」
銀太「えーと、」
銀太「あなたの好きな人」
あなた「(   ´∀`)ハハハ」
銀太「前の人は、仲がいい人」
あなた「(。_。`)コク」
銀太「横の横は、信頼してる人」
あなた「(。_。`)コク」
銀太「そして、横がァア゛ア゛ア゛ア゛ア゛」
あなた「うるさいわよアハハ。」
銀太「運命の人オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛」
あなた「なん?」
銀太「俺の事好き?」
あなた「好きって言ったら?」
銀太「告る」
あなた「嫌いって言ったら?」
銀太「告る」
あなた「好き」
銀太「俺も、付き合ってください」
あなた「Of course!www」
銀太「( *´³(´꒳` *)チュッ︎︎❤︎︎」
あなた「てれるわ。」
銀太「もう、おれのあなたやけんね」
銀太「誰のとこにも行かんでね」
あなた「やだ」
銀太「ん?」
あなた「嘘」
銀太「( `・ω・)バカヤロ♡」
あなた「むふふ( ´艸`)」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

こころ
こころ
同担拒否サン逆に無理な我氏 まる推しサン脇推しサン話そー!!! 別に友達いなくても生きていけるよ だって貴方には家族がいるけん 家族に見捨てられても あなたの事を信用信頼してくれる 人は絶対おるけん! 安心してね
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る