無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

11
脇編でぇす
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
脇「あなた〜」
あなた『はい?』
脇「怖えー」
あなた『(・_・)ダマラッシャイ』
脇「www」
あなた『じゃデート行くけん』
脇「ダメ、行かんで」
あなた『は?』
脇「やけん、行かんで!」
あなた『何?なんで?』
脇「俺ともう少し一緒におって」
あなた『でも、』
脇「あんな奴の所に行かんで!」
あなた『ン…』
軽く唇が重なる
あなた『なにしたか分かっとると?』
脇「分かっとる!他の男の物って分かっとるけど」
脇「俺は、お前が大好きで」
彼の目からは大量の涙が溢れている
あなた『泣かないで。』
脇「ごめ、うざいよね」






チュ



脇「え。」
あなた『何?』
脇「今、キスした。?」
あなた『そうだけと?』
脇「え?」
あなた『もういいやあんな奴』
あなた『私脇が好きだわ』
脇「グス…」
あなた『なんで泣くとー』
脇「もー」
チュ








2人の唇が今度は



長く重なり合った

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

こころ
こころ
同担拒否サン逆に無理な我氏 まる推しサン脇推しサン話そー!!! 別に友達いなくても生きていけるよ だって貴方には家族がいるけん 家族に見捨てられても あなたの事を信用信頼してくれる 人は絶対おるけん! 安心してね
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る