無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1話
8年前




はぁはぁはぁ、




春馬
結衣?おい、嘘だよな。
結衣母
春馬、、結衣はね。  もう、いないのよ。(泣)
春馬
どうして、明日も一緒に買い物しようって言ってたのに…。 


何で結衣が…。
結衣母
私にも分からないのよ。

急に、自殺なんて
春馬
自殺!?

違う…。 絶対に、違うよ。
結衣母
でも、刑事さんがそう言ってたのよ。
春馬
俺に、メールがあったんだ。


いつまでも、私を信じてねって
結衣母
どういう意味かしら
春馬
昨日も、妙なこと言ってた。
昨日
結衣
春馬?
春馬
ん?何?
結衣
私ね、春馬を信じてる。
春馬
何だよ。 いきなり
結衣
春馬なら、解決してくれるわ。 このことを。
春馬
何?この事って。
結衣
なんでもないの。 私に、何かあったらお母さんをよろしく。

あと、私の机の中の日記をみてね
春馬
ん? わかんねーけど、まぁ了解
現在
結衣母
そんなことがあったのね
春馬
うん。
あのあと、俺は、結衣の机を見たが、日記はなかった。


俺は、誰かが、いや、ここはあえて犯人と言っておこう

犯人が、持っていったと思っている。

あの日の事は、毎日夢で見るようになった。

 

結衣、待ってろな

必ず、お前の死の謎を解いてやるからな。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

和歌原 琴奈
和歌原 琴奈
念願の、ミステリー小説です。 誤字・脱字が、あると思いますが初心者なので多目に見てください。 少し、時間が空きましたがいよいよ物語が面白くなります❗ 批判的なコメントは、一切受け付けません。
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る