無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

バタンッ
























そう伝えてあなたは答えも聞かずに車を出た。
you
(泣)
あなたside

これで…良かったんだ、

明日は歩いてハニの病院まで行こう。

















プルルプルル📞
✆もしもし?
you
✆ソナオンニっ!(泣)
ソナ
✆なんで泣いてるの?!
you
✆(事情説明中)
ソナ
✆そんな…私もマネとして近くに居たのに気づいてあげれなくてごめんね…
you
✆大丈夫なの…
この事誰にも言わないでね?
ソナ
✆分かった!
それで…どうしたの?
you
✆これから、私の送迎オンニがしてくれないかな?って思って…
ソナ
✆良いよ!
じゃあ私があなた専属の送迎担当ね!
you
✆オンニィィィ(泣)
ありがとう
ソナ
✆もう〜泣かないの!
 じゃあ明後日からでいい???
you
✆うん、!お願いします!
ソナ
✆はーい!
ソナ
✆じゃあおやすみ〜
you
✆おやすみなさい!
さぁ、そろそろ中に入ろうかな、




あなたside end















あなた氏ただいま宿舎の前で電話してました((