無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第78話

#
私達の病室は隣で先生が気を遣って近くにしてくれたの。










毎日、いや、1時間に1回は私の部屋に来るグク。










寂しいのかな。





















私よりあなたの方が先に死ぬのは目に見えてるからなんか嫌なの。










大切な人が先に死ぬって嫌。










そんなことを考えているとグクが来た。
ぐく
ぐく
あなた〜💓
me
me
グク〜
ぐく
ぐく
寂しいよぉー
me
me
私もぉー











グクは私に抱きつく。








ぐく
ぐく
あのね、先生がね、
me
me
うん
ぐく
ぐく
俺もあなたも明日、退院できるって!!
me
me
ホントに!?
ぐく
ぐく
うん!
me
me
やったぁ!





















病院にいると退屈だから退院できるって嬉しいね