無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第93話

その後2
私は出口からたくさんの人が出てくる中、必死にグクを探した。
































しかし、彼はその便にはいなかった。

















帰ろうとしたとき、後ろから誰かに声をかけられた。



































" あなた…? "