無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第86話

#
私は車で爆睡。










































でも、なんか騒いでる声が聞こえて











目が覚めた。
ぐく
ぐく
まだあなたに未練があんのか?
てて
てて
あるに決まってんだろ。
ぐく
ぐく
俺がお前に渡すとでも?
てて
てて
渡さないだろうなㅋ
ぐく
ぐく
じゃあ、いい加減に諦めろ。
お前のこと好きなヨジャはたくさんいるだろ。
てて
てて
あなたは別だ。
それに、諦められないんだよ
me
me
グク…?テテ…?
ぐく
ぐく
あなた!
ぐく
ぐく
寝てていいんだよ?
me
me
喧嘩してるの?
てて
てて
ち、違うよ。
me
me
嘘下手だよね。
バレバレ。
てて
てて
me
me
昔からそうだった。
me
me
私、テテの気持ちにはこたえられないから。ごめんね。
てて
てて
あなた。
me
me
今の私にはグクが必要なの。
てて
てて
…わかった。
てて
てて
そのかわり、なんかあったらいえよ?
me
me
うん。ありがとㅋ
ぐく
ぐく
テヒョン、ごめん。
てて
てて
いんだよㅋㅋㅋ
今度、ライオンさんの人形ちょうだい。
ぐく
ぐく
おうㅋㅋㅋ

















やっぱり5歳児のテテでした。