無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第67話

#
ユリ
ユリ
そうよ。私、あれだけ忠告したわよね?
ぐく
ぐく
お前、ホントふざけてんな。
ユリ
ユリ
私?
ぐく
ぐく
当たり前だろ。
ユリ
ユリ
ふふふっ…
ぐく
ぐく
何がおかしい。
ユリ
ユリ
だってさ、あなたが怖い顔でずーっと見てるんだもん!笑っちゃうわー
me
me
ちょっと!ユリ、どうしたの?
ユリ
ユリ
あんたさ、私が親友だと思った?
まさかね。ぐうを取り返すために決まってんじゃん!
me
me
ユリ…
ユリ
ユリ
どこまで善人なの?
あんた、最低だよ。人の彼氏とってさ、善人ぶるなんて。
me
me
ぐく
ぐく
どっちのセリフだよ。さっきから聞いてればさ、言っておくけど俺、お前のトコに行く気ないから。あなたが大好きだから。
ユリ
ユリ
ぐう…。こんなヤツに騙されるなんて…
ぐく
ぐく
騙される?俺もお前に騙されててバカだったよ。
ユリ
ユリ
っ!!
ユリ
ユリ
でも、私、諦めないから。
me
me
あなたさ、いい加減、目を覚ましなさいよ!
ユリ
ユリ
は?
me
me
ユリはそんな子じゃない。
ユリ
ユリ
だからつくってたんだって
me
me
違う!それがホントのユリなの!
ユリ
ユリ
私の何を知っていってんの?
me
me
私、今でもホントに親友だと思ってるよ?整形したとか関係なく。
ユリ
ユリ
また善人ぶって…
ユリ
ユリ
もういいわ。今日は帰ってあげる。
me
me
グク。
ぐく
ぐく
あなた、ごめん。今、知ったばっかりで。
me
me
ううん。





















ユリ、あなたはなんなの?