無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第64話

#
私は焦った。










なんか入ったらいけない気がして。










私はカーテン越しにこっそり隠れることにした。
ユリ
ユリ
ぐう。
ユリ
ユリ
私だよ?
ぐく
ぐく
ユリ…
お前、整形したのか?







どういうこと?










ユリが整形したって。