無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第48話

#
私はグクが目覚めるまで待とうと思った。




















気がついたら病室の椅子で寝てしまっていた。










だけど私にはブランケットが掛けられていた。

















私が顔を上げるとグクが起きていた。