無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

#


それから私達は楽しく楽しくお話しして帰ったわけですよ。
me
me
一緒に帰ろって誘ってくれてありがとう!
あと、裏の自覚症状あったしㅋ
ぐく
ぐく
おうㅋ
じゃあな、









私が家の鍵を開けた時、後ろから誰かに声をかけられた。


















「ねぇ、貴方があなたさん?」
me
me
はい。













振り返るとそこには










































グクの元彼女さんが居た。