無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第58話

#
もも
もも
あなたー!
me
me
おんに。グクが…グクが…
もも
もも
大丈夫。助かるから、ね?
me
me
うん。







医者
「どちら様でしょうか?」
もも
もも
あなたの姉です。






医者
「お話よろしいでしょうか?」
もも
もも
はい。
もも
もも
あなた、待っててね。







私は頷いた。











ももおんにと先生が何を話したかはわからない。
しばらくしてももおんにが出てきた。
me
me
おんに。
もも
もも
一回、うちに帰ろっか?



おんには私に笑顔でいう。
me
me
うん…



















今日は一回帰らないと私がどうなってしまうかわからないって思ったのかな。