無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第96話

その後4
me
me
グク!!
私は走って彼に抱きついた。
ぐく
ぐく
ちょっと、あなた、苦しい。
me
me
ごめんっ!
ぐく
ぐく
おまたせ。
me
me
ホントだよっ(*´ω`*)
me
me
私がどんだけ待ってたと思っt…
私が言いかけた時、彼は近づいてきて今までにないくらいたるぎうゆのように甘くて飲み込まれそうなキスをした。