無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第84話

#
最前列でのパレードも最高だったけど、グクとみれたパレードの方が最高だったな。
me
me
綺麗だったね!
ぐく
ぐく
あなたの方が綺麗だよ?ㅋ
me
me
またまたぁーㅋㅋㅋ
ぐく
ぐく
帰ろっか。
me
me
うん。














私はあることに気づいた。
me
me
あれ?
ぐく
ぐく
どうした?
me
me
グクとお揃いのストラップがない!
ぐく
ぐく
それくらi…
me
me
ダメ!グクとお揃いなのに…
ぐく
ぐく
閉園まで時間あるから探そ!
me
me
ありがと…
てて
てて
あれ?
あなたとグクじゃん。
me
me
テテ…
てて
てて
何かあった?
me
me
グクとお揃いのストラップが…なくなっちゃったの。
てて
てて
俺も探すよ
me
me
ありがとう。

















それから私達は閉園まで探した。
ぐく
ぐく
あなたっ!あったよ!
me
me
へっ!?
me
me
ホントだ。
ぐく
ぐく
テヒョナ!あった!
てて
てて
おう。
me
me
グク、テテ。
ありがとう!
ぐく
ぐく
帰ろ。
me
me
うん!
てて
てて
んじゃ
ぐく
ぐく
おう!
me
me
痛っ!!













実はあなたちゃん、ストラップを探してたときに葉っぱで足首を切ってしまったのだ。
ぐく
ぐく
大丈夫か!?
ぐく
ぐく
ん、俺の背中に乗って。
me
me
そんな、悪いよ。
ぐく
ぐく
いいから。
me
me
ごめんね。





私はグクにおんぶされて帰りました。