無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第91話

その後
私はグクが海外へ行ってから働いてどんなに辛くても彼を忘れることはなかった。













あれからちょうど5年。










連絡はあまりとってないけど今日、空港にグクが来ると信じて。


















私は仁川空港へ向かった。