無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

#
ぐく
ぐく
じゃあね。また明日。




ガチャッ
















彼がドアを開けたのと同時に私の手が勝手に動いて彼の服の裾を掴んでいた。
me
me
やっぱりまだ…帰ってほしくない。
ぐく
ぐく
あなた?
me
me
…。











私は知ってた。この時、グクに彼女がいることを。
me
me
ごめん。私、グクのこと好きになっちゃった。
ぐく
ぐく
…。
ぐく
ぐく
ごめん。あなたの気持ちには応えれない。
me
me
だよね。引き留めてごめん。
ぐく
ぐく
また明日な。









ガチャン
















無理だってわかってたけど、自分の気持ちに嘘つけなかった。





































私の初恋はこうして終わった。