無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第77話

#
ぐく
ぐく
あなたっ!ごめんな…。
頼むから起きてくれよ。










気がつくと私の前でグクが泣いてた。
me
me
グク…?
ぐく
ぐく
あなたっ!






グクは点滴をぶら下げて私の病室に来たらしい。
me
me
動いて平気なの?
ぐく
ぐく
うん。俺よりあなたは大丈夫か?
me
me
私はなんともないよ!
ぐく
ぐく
ごめんな…
守ってやれなくて。
me
me
ううん。私は大切な人を守れたからそれでいいよ。
ぐく
ぐく
ありがと。
me
me
ってか、恋人同士揃って入院とか笑うわㅋ
ぐく
ぐく
それなㅋㅋㅋㅋㅋ














グクは私の頭をポンポンした。






まただ。















あなたの優しさに包まれて心が苦しくなるのは。